プログラマはつらいよ!でも求人はまだ見ない

筆者の幼馴染の女性に、プログラマと結婚した人がいます。IT関係といえば、お給料がいいというイメージを筆者は持っていて、友達もいい暮らしができるのではないかと思っていましたが、実際に結婚してみたら、それほどでもなくて、友達は、毎月、週に使えるお金を茶封筒に入れて、管理しなければいけないほどでした。しかも、友達に、子供も生まれて、ますますお金がかかるようでした。しかし、筆者が聞いたところによると、友達が一番困っているのは、プログラマである旦那さんが、夜は0時を過ぎないと帰ってこないということや、休日出勤も土日の前日になって決まって、出かけてしまうことなどです。しかも、肩書だけ昇進して、責任が増えたのに、お給料はそのままなのだとか。

また、本社は渋谷にあるようですが、渋谷へはめったに行かず、近郊の大手企業に派遣されて、仕事をしているようで、プロジェクトごとに、ちがう会社へ出入りするのが普通なんだそうです。去年、友達に話を聞いたところ、ドイツへ出張するかもしれないという話があって、友達はテレビのドイツ語を見たりしていました。あまりにも過酷な勤務のため、別の求人を探したりはしていないでしょうか?今のところ、その様子はないようです。旦那さんがなかなか帰ってこなくて、ひとりで子供の面倒を24時間も見ていると、さすがに気が滅入ってくると、友達は嘆いていました。しかし、30代ならば、どこの家庭でも旦那さんは深夜に帰ってくるようです。


Copyright(c) 2017 プログラマの求人について All Rights Reserved.