プログラマの求人について

プログラマの求人について

プログラマの略称はPGといいます。プログラマの年収は平均は420万円程度で、男女比率は8:2、または9:1程度です。まず、プログラマという仕事を一口に言っても、この仕事にはwebプログラマやゲームプログラマーなど様々な種類があります。webプログラマの仕事はインターネット上のシステムを構築することであります。一方で、ゲームプログラマの仕事はゲームを作成することです。この2つの種類のプログラマを例にとってもわかるように、プログラマといっても種類によって仕事の内容は全く異なってきます。さらに、そのそれぞれのプログラマの仕事の中でも必要とされる能力や知識といったものは違ってきます。例えば、これはゲームプログラマの場合ですが、Wiiやプレイステーション、またはパソコンのゲームなどではC++言語というプログラミング言語が必要とされます。一方iPhoneやAndroidなどで使われるゲームではJavaなどと言うプログラミング言語の知識が必要となってきます。このようにプログラマの仕事では、担当する仕事によって必要とされる能力も仕事の内容も全く変わってきます。

プログラマになるためには一般的には情報工学系の大学を卒業する、もしくはコンピューター関連の専門学校を卒業してからプログラマになるというのが一般的な経路です。現在、プログラマの求人として必要とされている人材は柔らかい思考を持った人であります。例としましては、ゲーム系でありましたらユーザーはより楽しいものを求めています。それなので、思考を凝らして、よりユーザーが楽しいと思えるようなゲーム内容を構築する必要があります。またweb系の場合でしたら、インターネット上でのシステムの動きをより円滑に、かつ便利にするためにも革新的な通信技術をもたらす必要があります。これらのことを満たすためには、従来のプログラミングのあり方を真似るだけでなく、自分で新たに革新的なプログラミングを施せるような柔らかい思考を持たなければなりません。


Copyright(c) 2016 プログラマの求人について All Rights Reserved.